バイタルリアクトセラピーとは?

WHAT’S “VITAL REACT THERAPY” ?

科学的な「検査」「分析」に基づき、専用の医療機器を用いて「頭蓋骨(顔のゆがみ)や背骨・骨盤のゆがみ(構造)」を改善させ、「脳・脊髄神経の働きが整うことで内臓働きや筋肉の動き(機能)」が正常化した結果、さまざまな症状や不調を根本的に改善へと導く施術方法です。

バイタルリアクトセラピーと一般的な施術の違い

一般的な施術は痛い所に手技や電気などの対症療法に対し、バイタルリアクトセラピーは『なぜ痛みが出ているのか?』をさまざまな検査や分析をもとに特殊医療機器を用いて全身(脳・神経・骨・筋肉)に施術を行います。
症状に対して行う対症療法とは異なり、さまざまな疾患に対応可能です。

  • 骨盤を治す

    ゆがみを治す

    (構造)

  • 神経が動く

    神経が動く

    (機能)

  • 回復力向上

    回復力向上

  • 治癒

    治癒

バイタルリアクトセラピーの特徴画像

バイタルリアクトセラピーで期待できる効果

首の痛み/肩や背中の痛み/手足のシビレ・痛み/頚椎ヘルニア/頭痛/あごの痛み/腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症/腰椎ヘルニア/腰椎分離症/すべり症/股関節の痛み/ストレートネック/ねこ背/骨盤のゆがみ/交通事故後の後遺症/自律神経失調症/めまい・耳鳴り/不眠/メニエール病など筋骨格運動系症状や自律神経や内臓機能低下まで幅広い症状が対応となります。

予防・メンテナンス効果

脳疲労(ストレス)解消、老化予防(アンチエイジング)、風邪予防(免疫力向上)、症状再発・進行予防、健康維持管理能力向上、バランス・パフォーマンス向上、姿勢改善、出産前後、小児、妊婦、妊活にも有効で、施術を受ける人が増えています。

価格

    • 初回
      6600円
    • 約60分 (問診・検査・施術・再検査・説明)
    • 2回目以降
      大人4400円、子供2200円

現代の医療で全世界が注目しているのは『脳』

何か特別な事をしたわけでもないのに痛みや不調に悩まされたことはありませんか?長年続く肩こり・腰痛・膝痛などはもちろん、頭痛やめまい・冷え性・体のだるさといった自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れなど『脳のストレス』が原因といわれています。大和整骨院では特殊な機械(バイタルリアクター)を使うことで、『脳』に対してのアプローチを可能にしました。身体をコントロールしている脳が正常になったにも関わらず、過去から今までの怪我や事故・生活習慣の「くせ」などによる背骨の歪みや筋肉の異常緊張が問題となり症状が出ている事もありますので、背骨の歪みや筋肉の異常緊張に対してもアプローチすることで、今まで取り切れなかった痛みを完全に取り除くことができます。痛みのある場所だけでなく『脳』→『背骨』→『筋肉』と根本から治さなければ必ず再発する事でしょう。
歳だから仕方ないと諦めていませんか?また、いつか治るだろうと思っていませんか?その間に症状は悪化していきます。もし、治らないと思っているなら治る事はありませんが、痛みを改善したい・治したいと考えるなら『痛みは必ず取れる』というお互いの信頼関係のもと、必ず改善していきます。生涯現役でより人生を豊かにするためにあなたのお悩みを一緒に解決しませんか。

脳がストレスを受けると 脳疲労 体が歪む 血液循環が悪くなる 回復力の低下 寝ても良くならない 悪化

妊婦さんの施術の重要性

当院では妊婦さんの施術を積極的に行っております。
妊娠中のおなかの重さは羊水や胎盤を入れると約5kgになると言われています。
おなかの重さで重心が前方に移動するため腰を反ることで重心バランスをとらざるを得なくなり、腰に負担がかかり痛みや足のむくみなどが起こってしまいます。
痛みや体調不良によるストレスが脳の機能が低下させ、ホルモンバランスの乱れにもつながり赤ちゃん発育や出産にも影響を及ぼすと考えています。
当院では妊娠中でもおなかを圧迫しないで施術できる特殊なベッドで腰の負担を取り除き、重心バランスを整え、異常緊張や血流障害を改善、妊娠中の痛みや不調を取り除くことで脳へのストレスを軽減させることが重要だと考えています。
妊娠している時こそ痛みや体調不良からのストレスを取り除く事が妊婦さんや赤ちゃん、出産時や産後のからだの為にも良い姿勢が維持できるように施術を受ける事をおすすめします。
気になる事があればお気軽にご相談ください。

妊婦の施術の必要性をの画像

子供の施術の重要性 ~きれいな姿勢は眼にやさしい姿勢~

現在多くの方がお悩みになっている身体の痛みや不調は、難産・逆子・「タカイタカイ」などによるムチウチ・転倒・立ち始めの尻もちなど子供の頃の怪我が原因であることが多く、これらの経験の積み重ねが背骨や骨盤の歪みとして、成長後の身体に現れ症状となって出てきます。
また、近年ではパソコンやスマートフォン・ゲームなどのコンピューター機器を長時間、同じ姿勢、同じ距離で画面を見ることにより、首の緊張や眼筋の緊張が生じて、近視や若年性老眼(スマホ老眼)や頭痛、首・肩・腰の痛みや倦怠感など身体的緊張や、長期間続くことにより自律神経の失調まで引き起こすことがあるといわれており問題視されています。
当院では姿勢改善から視力を守る事が重要と考え、自動視力計二デックビジョンNV-350という機器を用いて施術前後の視力を計測して眼の周囲筋・首や肩の異常緊張・背骨の歪みなどに対して施術していきます。
お子さんの悪い姿勢や視力低下が気になる方はお気軽にご相談下さい。

子供の施術の必要性をの画像

なぜコンピューター機器(バイタルリアクター)を使うのか?

アメリカの研究では手による背骨の検査の信頼性は10%程度(レントゲンと照らし合わせた時に90%はでたらめな検査であったと明らかになりました)とされていますが、バイタルリアクターを用いた検査では70~85%という高い信頼性を誇っています。
残りの15~30%をさまざまな検査・分析(関節可動域・筋持久力・背骨皮膚上の温度・視力など)をすることで100%に近い精度を実現します。

正確性・再現性が求められる現代医療においては、このコンピューター医療システムが必要不可欠と考えています。

バイタルリアクトセラピー 一般的な治療
施術の考え 悪い場所を治療
(根本治療)
痛い場所を治療
(対象治療)
施術方法 特殊医療機器 電気等+手技
施術内容 特殊医療機器 患者の感覚に基づく
施術・検査 客観的なデータに基づく 患部のみ
通院期間 検査により決定 患者の感覚により決定
施術対象 脳・神経・骨・筋肉 筋肉

施術・検査機器の紹介

  • バイタルリアクター

    施術ポイントの分析や共鳴振動という振動刺激で神経の働きの悪い所に当てて優しく施術します。神経が正常に働く事で治癒力を高めて不調が改善していくからだになっていきます。

    バイタルリアクター

  • ヤマサキテーブル

    ペンドラム(振り子)機構を使い、頭部から骨盤にかけての捻じれを調整するバイタルリアクトセラピー専用テーブルです。捻じれの改善により関節の負担が減り、改善に導きます。

    バイタルリアクター

  • DTG(脊椎皮膚温度計測)

    背骨の皮膚上で尾骨から後頭骨にかけての体温データをグラフ化します。体温データのムラを通して自律神経の働きをチェックします。
    改善されるとムラがなくなり真っ直ぐになっていきます。

    バイタルリアクター

  • 自動視力検査器

    自動視力検査器で遠近両方の視力を計測します。眼科的な診断を行うものではなく、視力を調整する脳と神経の働きが改善されていることを知る目安として施術前後で毎回測定します。

    バイタルリアクター